アリカ・メナイ

福岡のこと、省電力PCのこと、Linuxのこと、その他雑多なこと

このページ内の記事タイトルリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告

酵素健康法

10.28.2005
夕刊フジblog「“親玉酵素”の消耗防げば健康な生活に

コエンザイムの次はエンザイムか... ほんとかな。
調べてみると、酵素と健康の関連をうたうページが結構見付かった。 一生で作られる酵素の数は決まってるので、生食で酵素を摂取すべきとか何とか。

こんな感じで酵素ブームが来ちゃうのかねえ。
スポンサーサイト
テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース
    posted at 23:43 | 健康 | TB(1) | CM(0)
世界びっくりニュース「牛を射殺するはずが……

牛を射殺するつもりで発砲したら、外れて通行人に当たったという話。
下手すぎるだろ...。しかし、弾を人の足に当てるのは難しそうだ。
運も実力のうちだとすると、すごい腕なのかもしれない。
どっちにしろ、この人には一生銃は持たないで欲しいな...


    posted at 23:37 | ニュース | TB(2) | CM(1)
夕刊フジblog:「迷惑メール詐欺への対処法

迷惑メールのリンクをクリックしてしまうと、メールアドレスまでばれてしまうんだな。
これは気付かなかった。
仕事柄、自分のメールアドレスには迷惑メールが山ほど届く。 わざわざクリックすることはないが、面白半分でも止めて おくべきだな。

自分はまだいいが、周りの人間を思い浮かべると、この手口に 引っかかりそうな気がする。
以前、いとこの女の子が、架空請求メールが届いて、泣きそう な声で電話してきたことがある。
こういう悪質な輩は、法律を整備して徹底的に排除して欲しいのだが、その法律ための法律である「電子消費者契約法」すら悪用するという悪質さが耐えがたい。
なんとか一掃できないもんかなあ。

テーマ:迷惑行為全般 - ジャンル:コンピュータ
    posted at 22:48 | ニュース | TB(0) | CM(0)
世界びっくりニュース:「 『進化論の島』ガラパゴス諸島で火山噴火

なんとなく見てみたいなあと思ったが、こんなのテレビとかのニュースにもならないよなあ。
しかし、trackbackに写真付きのblogがあった。
赤道直下がらぱごす生活日誌
噴火の様子の写真が実に美しい。溶岩の流れる様というのも一生に一回くらい見てみたいものだ。
初めてtrackbackという仕組みを有難く思った。



テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース
    posted at 23:29 | ニュース | TB(2) | CM(1)

宇宙旅行

10.24.2005
Excite 世界びっくりニュース: 「中国の実業家、2007年に宇宙旅行へ出発予定

スペース・アドベンチャーズ 。ディズニーランドのアトラクションみたいな名前だけど、 真面目に宇宙旅行ビジネスを始めて会社のようだ。。
国際宇宙ステーション1週間滞在が22億円で、弾道飛行が1000万円と。 1週間は長過ぎないか。逆に弾道飛行は短すぎないか。
宇宙開発関連は、どこも予算難みたいだから、ビジネスとして成立 すれば何よりだろう。
これから宇宙旅行がどれだけ安くなっていくのか楽しみにしておこう。


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
    posted at 02:38 | ニュース | TB(0) | CM(0)
夕刊フジblog: 「デジタル用語の基礎知識

アナログ放送、2011年でやめるって話、まだやってるのね。
地上波デジタルが全ての局で始まるのが来年末
そこからみんな、ちょっと地上波デジタル対応のテレビを買おうかって話だよなあ。アナログ放送停止まで5年もないやん。 そんなバカな。

デジタル放送の「善意の嘘」は許されるか

この件については、この記事が興味深かった。 無理矢理やるとすれば、普通のテレビにつなげられる地上波デジタルチューナーを各家庭配るとかなのかな。しかし、それも無駄が多い気がする。

そういえば、昔も横長テレビだけになるって話で、一時4:3のテレビが減ってたけど、今はまた4:3のテレビ、普通に売ってる。こういう規格の切り替えを掛け声だけでやろうとしてもうまくいかないと思う。

重要な規格の切り替わりは、ユーザの利便を基準に切り替わっていくべきじゃないか。
俺は2011年以降も、アナログ/デジタル両立したまま少なくとも十年もくらいは続くと思ってる。
    posted at 00:16 | ニュース | TB(1) | CM(0)
世界びっくりニュース「上海で金属ドロボウが猛威、法律改正に

中国は犯罪も桁違いだな。街の機能を損ねるものは盗まないようにしようや。
潰したアルミ缶を満載した自転車で走ってるおっさんが愛らしく見えてくる。
中国は以前にもマンホールの蓋盗まれる被害が多いという記事があったな。
今回、法律の改正でその対抗しようというのだけど、さて効果はあるのか。
テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース
    posted at 23:38 | ニュース | TB(0) | CM(0)
Excite世界びっくりニュースドブネズミ、4カ月の逃走劇

ドブネズミを小さな孤島に離してつかまえるという実験らしい。 なかなかつかまえられなかった、という話。
遺伝子操作したすごいネズミという訳でもなく、科学的に意味があるのかどうかは怪しいが、...なんか楽しそうだな。
捕獲した時の餌がペンギンの肉というのも、どうなんだ。

新たなスポーツとしていかが? ってところ? でもないか。
    posted at 23:25 | ニュース | TB(2) | CM(0)
芋焼酎といえば鹿児島のイメージだが、この焼酎は佐賀県伊万里産というところが珍しい。

ロックで飲むと、焼き芋を思い出すサツマイモっぽい甘みと香り。

芋焼酎と言えば、独特のキツい匂いが特徴だと思っていたが、これは実にまろやかで飲みやすい。

水割りも試してみたが、ロックの方が風味が楽しめる。甘めの酒が好きな私好みの焼酎で、つい飲み過ぎてしまいそうだ。
テーマ:本格焼酎全般 - ジャンル:グルメ
    posted at 23:28 | | TB(0) | CM(0)
夕刊フジblog:「『花王』の社名由来は実に単純

由来が「顔石鹸」だったとはねえ。結構意外な気がする。
それより特筆すべきは初期のロゴマークの不気味さだ。
最初の2つなんて、死にそうな三日月がエクトプラズム吐いてますよ。怖すぎです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
    posted at 23:09 | ニュース | TB(0) | CM(0)
どうも最近、Firefoxが、異常終了したり、フリーズしたりする。
フラッシュがあるページなど行くと、確実に死ぬ。
しかし、普通のHTMLしかないページでも、確実に死ぬページが
あったりする。mozillaでも同じようなもんだった。

ふと、「増設メモリが悪いんじゃないか?」思って、メモリを抜いて
みると、いきなり安定した。
あらー、このメモリモジュール壊れてたのかー。

念のため、もう一回メモリ挿し込んでみると、これまた安定してる。
flashのページをいくら見ても落ちない。
メモリモジュールの挿し具合のせいだったのかなあ。

そういえば、以前もノートPCの増設メモリで不安定になって、
困ったことがあったような気がするなあ。
ノートPCのメモリって、どこまで挿せばいいのかはっきりしない
んだよねえ。


テーマ:Firefox - ジャンル:コンピュータ
    posted at 21:06 | Linux | TB(0) | CM(0)

パンダー

10.19.2005
ワシントンの赤ちゃんパンダ 名前は『タイシャン』に決定

子パンダって、こんなだったっけ。なんだかタレパンダっぽい。 可愛いなあ。

記事のリンク先の大人パンダも、かなりタレパンダっぽい。 そういえば、まだ、パンダは実物見たことないな。

参考: たれパンダアニメサイト
テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース
    posted at 00:31 | ニュース | TB(0) | CM(0)

省電力PC

10.18.2005
AKIBA Hotline:「Nano-ITXマザー採用の小型自作PCキット「Piccolo」デモ中
AKIBA2GO:「 俺コンハウスでNano-ITXマザーを搭載した小型ベアボーンPC「Piccolo(仮称)」の展示が始まる!

やっとNanoITXやっとキタ? またデモだけで終わりってことは... ないよね。 13.5cm角という小ささは魅力的だ。あとはスペックと価格だな。
ちょっと古い記事だけど、GeodeLXの商品が出て来てた。
AKIBA Hotline: 「Geode LX 800搭載の手のひらサイズ小型PC「Sizka」が発売
GeodeLXは消費電力が最大2.4Wと、GeodeNXやVIA C3と比べても一回り少ない省電力。このクラスならPDAにでも入れられるんじゃないかな。 性能に関する情報を見付けることはできなかったが、どの程度のパワーなのだろう。

省電力PCはいろいろと出て来てはいるのだけど、
価格面ではどうも今一つ魅力がない。
VIA EPIAの良いところは、1万円台で買えたところだと思う。 この記事のGeodeLXマシンみたいに7万円近い金を出す気は しない。
この分野でも競争が起きて、もっと安くなってくれないかなあ。
テーマ:自作PCパーツ - ジャンル:コンピュータ
    posted at 22:44 | 省電力PC | TB(0) | CM(0)
googleで「アリカメナイ」を探したら1件もヒットしなかった。
yahoo検索を使ったら116件ヒットした。

google様、検索サボってませんか。

テーマ:Google関連 - ジャンル:コンピュータ
    posted at 02:03 | ネット | TB(0) | CM(0)
今日,太宰府に九州国立博物館が開館した。早速出掛けてみることにする。
太宰府天満宮でお参りして、案内の通り博物館の方に行ってみると、
えらく立派な入口が出来てる。
imgp4743.jpg
長いエスカレーターで上って、動く歩道で博物館まで連れて行ってくれる。これは気分が盛り上がるなあ。
imgp4753.jpg
トンネルを抜けると森の中の秘密基地のような場所に巨大なガラス張りの建て物が建っている。周りは森に囲まれ、全く別の場所に来たような錯覚におちいる。

特別展「美の国日本」

さすがに人が多い。
この前のガレ展に比べて、本気で展示を見る人が多い分、いつまで待っても近寄れない展示がある。
特にテーマがあったようには思わなかったが、日本の美しい意匠の品々を集めたといったところか。
特に興味をもったのは兜。
大きな角付いた兜や、五鈷杵(ごこしょ)を握った拳の付いた兜や、兎耳の付いた兜やら、初めて見たけど、独自性のある優れた意匠だと思う。 こんなのもあったのだなあ。

肖像画の掛軸だけ集めたブースもちょっと面白い。
肖像画としての視点で掛軸を眺めたことはなかった気がする。

全体を通してどうだったかと言われると難しいが、いずれ劣らぬ名品を集めてあるのは確か。新たな美しさを発見したような気はする。

文化交流展示

こちらは常設展になるのだろう。広い建物のフロア全体を存分に使った展示になっている。中央の広い展示スペースの周りに、さらに12部屋もの小展示室がある。
年代別に分けての展示になっているが、どこからどこまでがどの時代というのは、あまりはっきりしていない感じだ。海外の物品も含まれていることもあり、どうも雑然とした印象を受ける。
展示数は多いのに、食い足りない感じがするのは何だろう。

ともかく名品をたっぷりと見れた満足感は得られた。

会場を出て、シルクロードアンサンブルの素晴しい演奏にしばし聞き入る。
1階にはアジアの玩具などが、実際に遊べる展示室がある。展示品がなくなったり壊れたりしないのかが心配になるが、面白い試みだと思う。
全体を通してみると、もうちょっとテーマに沿った展示にした方がいいんじゃないかと思うけど、この雑然とした感じもまた一つの味として楽しめるかもしれない。
ともかく福岡にまた一つ新たな名所ができたことを歓迎したい。
テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報
    posted at 01:36 | 福岡 | TB(0) | CM(0)

AMD

10.15.2005
夕刊フジblog:「 “要”語解説「デュアルコアMPU」

AMDも、最初の頃は開発力の差でIntelには絶対に勝てないんじゃないかと思っていたが、今となっては、商品ラインアップ、処理能力、消費電力、価格のいずれをとってもIntelに負けてない。
個人的にIntelのCPUで魅力を感じるのはPentiumMシリーズだけだな。

今期、AMDは大幅に業績を伸ばしたようだし、これからどれだけIntelのシェアを切り崩して行けるかが楽しみだ。

Geodeの方も頑張って売っていただきたい。頑張れAMD!
この夕刊フジの記事で気になるのは、紹介してある商品がARMの本と、HPのサーバ用の増設CPUという変な取り合わせ。
Amazonに適当な商品がなかったか。
テーマ:自作PCパーツ - ジャンル:コンピュータ
    posted at 22:16 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
本屋の名前って、明林堂とか金文堂とか、「漢字2文字+堂」というパターンなので、ジュンク堂もそんなんだろうと思ってた。

夕刊フジblog:「 ジュンク堂は創業者の父「工藤淳」の姓と名を入れ替えた社名


そうだったのかー。創業者本人じゃなくて父親ってところがちょっといい。 これからは、ジュンク堂の前を自転車で通るたびに工藤淳の名前を 思い浮かべてしまうだろうな。
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
    posted at 21:17 | ニュース | TB(0) | CM(0)
Excite世界びっくりニュース 新しい盗難防止機能、持ち主のウォーキング・スタイルを判別

フィンランドの科学者が、携帯電話、ノートパソコンなどの盗難を防ぐため、今までにない機能の発明に成功した。このディバイスは持ち主の「歩き方」を判別することが可能で、もし変化がみられると直ちに機器をフリーズさせて使えなくさせる。


なるほどねえ。面白いけど、どういった特徴を抽出するんだろう。歩く時の体の上下の周期とかなのかな。
例えば足を怪我したとしても変わらないものなのかな。

今日は足が筋肉痛で、携帯電話が使えないんです」なんてことになると悲しかろう。
テーマ:ITニュース - ジャンル:ニュース
    posted at 20:09 | ニュース | TB(0) | CM(0)
mplayerで録画したテレビ番組やDVDを見たりするときに、インタレースのせいで画像がチラつくのが、ずっと気になっていた。
man mplayerでインタレース対策になりそうなオプションを探しては使ってみたが、どうもしっくりするものが見付からなかった。

今日、アンチエイリアスのオプションを探していて、-spuaaというオプションを見付けた。

これがインタレースのチラつきも解決してくれた。チラつきのないクリアな映像を見ることができるようになった。

例えば、DVDを見るときは、

mplayer --spuaa 2 dvd://

といった感じで使う
テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ
    posted at 00:47 | Linux | TB(0) | CM(0)
「大前研一のIT時評2005年9月その6―東工大の講義ネット公開はうまくいかない」
東工大が講義をネット公開するけど、つまんないから誰も見ないよ、という話。

こういう試み是非やって欲しいと思っている。

まずは、教えるのがウマい先生が話題にでもなれば、いいんじゃないか。
そこから、他の先生方も、自分の講義の質に考えるようになってくれるといいな。
他の大学の先生も、互いに参考にしあって、講義の質が高まっていく可能性もあると思う。

入学しようとする学生には、どんな講義をやっているかを知ることができるだろう。

私も、やじうま的に時々のぞいてみたい。


テーマ:これからの学校 - ジャンル:学校・教育
    posted at 08:19 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
今日は運動がてら、自転車で「アイランド花どんたく」とやらに 行ってみることにする。
自宅から、天神→箱崎→香椎と走ると、すぐに会場に着いた。 もうちょっと遠いものだと思ってたので、拍子抜けだった。
そういえばこの人工島も、干潟の環境保護の問題とか、石の購入問題とか、 いろいろな問題がニュースになってたが、よく完成したもんだ。
会場に近付くと、車が並んでいる。客の入りは結構多い。 看板を見ると今日は小中学生入場無料だそうだから、それで多いのかも しれない。
yama.jpg
山笠ゲートというところから入る。その名の通り、アイランド花どんたく オリジナル飾り山がある。
入場料は大人1500円とちょっと高いな。
入場口を入ると、目の前には大きな池があり、その周りを花壇が囲んでいる。 これだけでもなかなか美しい。

テーマ館

テーマ館「ぐりんぐりん」は、3つのドーム状の部分から成る建築物だ。
実際にはかなり複雑な形状で何とも形容しがたい。
中は展示室になっているが、建物の上を歩くこともできるのが面白い。

gale.jpg
第一展示室はエミール・ガレ展をやっていた。

全体を通して、見たことのなかった作品ばかりだった。
蜘蛛の巣とか、クラゲとか、おたまじゃくしを題材にした作品とか作ってた のね。あまりモチーフにならないような生き物でも、デザイン化しようとする 試みが面白い。
おたまじゃくしを題材にした作品なんて、世の中に他にないんじゃないかな。
ガラスだけに、手に取って光を透かしたりするとまた違った美しさが発見で きるんだろうなと想像しつつ眺めた。
思いのほか、名品揃いで良い展示だった。難を言えば、人の多いあわただしい 場であるのが残念だ。もう少し落ち着いて見たかった。


第2展示室は、温室のようで、様々な草花を見ることができる。
この辺、花にあまり興味がないこともあって、今ひとつ楽しめなかった。
そもそも花に興味ないおっさんが、花がテーマのイベントに来るのが 間違っているという気もする。

slope2.jpg
室内にはスロープがあり、上ると上から全体を眺めることもできる。
この建物自体が結構面白い。室内なのに自然な起伏があり、さらにスロープで 立体感がある。


第3展示室は、花に関する歴史といったところ。

「幻のハカタユリ」は、ここの展示の目玉なのだが、これは美しい。
ほっそりした花の根本から急に広がるそのフォルムや、花弁の優雅なカーブ には、何か完成された美しさを感じる。

幻のハカタユリ復活までの経緯をプロジェクトX風のビデオで説明していたが、 これも椅子のあるところでゆっくり見たいものだ。

第3展示室を出ると、すごい行列が。ここのもう一つの目玉、「青い薔薇」 を見るためだけの行列らしい。1時間待ちとある。
... そこまで待って見ることもないかと、さっさとあきらめる。

そして、テーマ館の上に上ってみることにする。
屋根の上にも花壇があり、色とりどりの花が咲き乱れている。会場の外まで 見渡せて、良い眺めだ。

アジアンタウン

食事はアジアンタウン。小さな飲食店はあるのだけど、多人数が座れる スペースがあるのは、ここだけだと思う。

アジアをテーマにしたメニューの屋台が並ぶ。
アジアンフライドポテト、アジア風カレー、アジアンヌードル...

あれ? アジアンヌードルは、博多ラーメンと博多タンタンメンなんですけど...
それってアジアか? まあ、一応アジアか。

カレーのかかった肉団子串が気になったので、これを食すことにする。
dango.jpg
マレーシアサテ(500円)というものらしい。屋台に並んでる人が少なかったのラッキーだった。

あっさりしたカレーの味と肉団子の組み合わせが新鮮だ。しっかりした旨み のある肉団子で、なかなかおいしい。

カンガルー部隊

アジアンタウンを出たところで、会場を走り回る異様な生き物を見付ける。
kangaloo1.jpg
カンガルーだ! でけぇー! オーストラリアの人達のパフォーマンスらしい。

オスカンガルーの方は後ろから見ると、何か二つぶらさがってるんですが...
きっと実物でもそのブラブラ感は、重要なフィーチャーなんだろうな。

メスバージョンの方はと見ると、おなかに袋があって、子カンガルーの ぬいぐるみが入っている。そういえば、カンガルーってそういう動物 だったな。

カンガルーの皆さんは広場で横になって子供達を足に座らせて写真を 撮っていた。人だかりができる。近くで大きな耳の付いたコスチュームが愛らしいかもしれない。

しかし、一旦、カンガルー達が立ち上がって、ぴょんぴょん飛び跳ねると、 みんな悲鳴を上げて逃げ回る。なにしろデカいんだもんなあ。 それが高く飛び跳ねるから、さらに怖い。
そして、わざと人を追い回していた。

匠の庭

造園業者が作った庭のサンプルの展示場みたいな感じ。

面白いと思ったのは、韓国の小屋。
saboten.jpg
この赤いのは、全部サボテン。入るだけでチクチクしそうです。 実用上の意味はともかく、面白い。

英国風あり、純和風の美しい庭園あり、茶室ありと、なかなか興味深かった。
上り下りの階段付きの立体感のある庭園というのが新鮮だった。
waterfall1.jpg

いつか金持ちになって、滝や川のある和風の庭と茶室が持てたらいいな、と 野望を抱く。


といったところで、会場を後にすることにする。

アイランド花どんたく全体の感想としては、結構よく作り込まれた、見応えのある展示会だという気がした。
10月22日から、エミールガレ展に代わって、九州古陶磁展が始まるらしい。
茶陶好きの私としては、これを見に行くかどうかが悩んでいる。


    posted at 17:24 | 福岡 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。